被災地支援について

24時間テレビ38 東日本大震災復興支援⑭ 岩泉町社会福祉協議会へ高圧洗浄機20台贈呈

台風10号で大きな被害を受けた岩泉町は東西51km、南北41kmの本州で一番広い町ですが、その大部分は山深い森林です。
岩泉社協は被災直後からボランティアセンターを立ち上げ、広い町内に点在する被災集落の家屋復旧作業の陣頭に立っていますが、各集落へ通じる道路の復旧の遅れ、それに伴う電気水道のライフラインの復旧の遅れ、地域的要因によるマンパワー不足などで、被災家屋のケアは思うように進展せず、復旧作業は長期化が予想されます。
 岩泉町社会福祉協議会から、河川の氾濫で浸水した家屋の復旧作業で使用する高圧洗浄機の支援要請がありました。各集落の電気・水道の復旧にリンクした家屋の洗浄作業はこれからです。絶対数が不足とのことでしたので、24時間テレビが20台支援しました。
支援先:   社会福祉法人 岩泉町社会福祉協議会
支援内容:  家庭用 高圧洗浄機 20台    

38-14-01.jpg 38-14-02.jpg

38-14-03.jpg
※支援実施に当たってはジャパネットたかた様から、被災地支援の趣旨にご賛同いただき、様々なご配慮をいただきました。

<< 記事一覧へ戻る