被災地支援について

~24時間テレビ37 東日本大震災被災地復興支援~ みんなの防災手帳 岩手県内陸21市町村全世帯配布

前年度実施された沿岸12市町村の全世帯配布に続いて、24時間テレビ37の東日本大震災復興支援として岩手県内陸部21市町村の全世帯へ「みんなの防災手帳・内陸版」をお届けすることが出来ました。(全453000部)

 
notebook_01.jpg

盛岡市への寄贈式が盛岡市役所で行われ、24時間テレビチャリティー委員会を代表して、テレビ岩手の楢崎憲二社長から谷藤裕明市長に143000冊が寄贈されました。
市長は「市民の災害への備えが充実します」と感謝の言葉を述べられました。(2015/9/30

 

notebook_02.jpg
 

監修した東北大学災害科学国際研究所の今村文彦教授は、次のように述べられました。
「みんなの防災手帳は、東日本大震災をはじめ、様々な自然災害の研究成果を活かしながら、災害意識の啓発を行うとともに、発災後の迅速な復旧復興をまとめた実践的な手帳です。しっかり活用して岩手県民の皆さまの防災意識の向上に役立てて頂きたいです。」

 

notebook_03.jpg
 

支援内容: みんなの防災手帳 岩手県内陸21市町村 全世帯配布(全453000部)
前年度支援: 沿岸市町村12市町村 全世帯配布(全113500部)

 

全市町村全世帯配布は、各市町村の防災担当の皆様、自主防災組織の皆様をはじめとする多くの方々のご協力で実現することが出来ました。ありがとうございます。

<< 記事一覧へ戻る