被災地支援について

24時間テレビ37復興支援企画【1】 陸前高田市・広田保育園に大型遊具整備

photo-yuugu_01.jpg
※岩盤を切り開いて保育園を建設。裏の山肌は、ご覧のとおり岩盤です。

震災の津波で被害を受けた陸前高田市広田保育園は、高台に新しい園の建物を建設し、先月、完成しました。きょうは、「24時間テレビ」から広田保育園の長野定子園長にすべり台とジャングルジムの目録が手渡されました。
子どもたちはすべり台にデザインされている魚の鯛にちなんで「めでたい」という愛称をつけて親しんでいます。

長野定子園長は「自然豊かな地区でしたが、震災後は、浸水地域に立ち入ることも出来ないし、道路はダンプカーが引っ切り無しに通るため、園庭以外で遊ばせることが出来ません。いただいた遊具でたくさん遊び、元気な子に育ってほしい」と話していました。

以前、活動のためにワゴン車を支援した"NPO法人総合型りくぜんたかだ"の方が、園児の運動不足の解消のため、2か月に1回は、保育園に指導に来て下さっているそうです。24時間テレビの支援の輪がつながっていました。

photo-yuugu_02.jpg


<< 記事一覧へ戻る