被災地支援について

24時間テレビ36復興支援企画⑯ 「一般社団法人おらが大槌夢広場」復興ツーリズム事業 活動グッズ支援

東日本大震災により激甚な被害を受けた岩手県大槌町において、震災当初から町民・専門家を含めた幅広い知識と行動力を結集し、その時々に必要な町づくりに関する事業を継続的に実現してきているのが「おらが大槌夢広場」です。
観光業・商工業・農水産業の発展と、それらの担い手である大槌町民の生活再建に寄与する事を目的に設立され、行政機能の低下した分野の補完をはじめ、外部への情報発信強化、地場産業やツーリズムの活性化、町民の起業独立支援等を行っています。その活動で大切にしているのが、大槌を訪れる方々と地元の人々の交流・親睦の場です。交流イベントに必要な物品(BBQコンロ、雨天時用テント、仮設トイレなど)、業務用パソコンと、大槌町アピール用のはっぴ・のぼり等を支援しました。(平成26年9月)

主な支援グッズ

yumehiroba_01.jpg yumehiroba_02.jpg
バーベキューコンロとテント

yumehiroba_03.jpg yumehiroba_04.jpg
仮設トイレ

yumehiroba_05.jpg yumehiroba_06.jpg
ノートパソコンとプロジェクター用スクリーン

yumehiroba_07.jpg yumehiroba_08.jpg

観光PRで使用、半纏・のぼり・大漁旗

<< 記事一覧へ戻る